賃貸アパートの経営について

My Home Life

知っておきたい賃貸アパートの経営について

賃貸アパートの経営 賃貸アパートを経営する場合、どのようなことに注意をしなければならないでしょうか。
まず、ワンルームマンションを購入するのとは違い、賃貸アパートとは1部屋だけ購入して貸し出すことが出来ません。購入をするならば1棟丸々しないといけないのです。
そのため、最初にまとまったお金を用意しないといけません。
賃貸アパートを借りる場合には、その場でお金を払えなくても投資用のローンがあります。この場合、住宅ローンと違い、審査するときには債務者の返済能力を見るのではなく、その物件の資産価値を見ることになります。
ですので、物件が将来的に価値が下がりそうだと判断された場合には、貸し付けをしてくれない可能性がありますので注意が必要です。
賃貸アパートを購入するメリットは資産価値があることです。
例えば、将来的にインフレになったと仮定すると、現金で持っているのと賃貸不動産を所有しているのであれば賃貸不動産を所有していたほうがお得になります。なぜなら、毎月支払われる家賃はその時の相場にあった家賃だからです。
ですが、現金で持っていると半ば紙くずになったも同様のこともありますので、不動産に投資をすることがメリットになります。
ただ、逆の場合は当然デメリットになります。

デザイナーズの賃貸アパートについて

賃貸アパートをデザイナーズアパートにするところが増えています。
かつて、まだ賃貸住宅が少なかった頃はそれなりの立地の所に賃貸アパートを建築すれば8割以上は埋まりましたが、最近は都心部を中心に人口が増えているとは言え、賃貸物件の数もずいぶんと増えていますので、建築すれば部屋が埋まるわけではありません。
そうなると、立地がすべてになってしまい、便利な土地を高いお金をかけて手に入れてそこに物件を建てるかどうかだけで勝負が決まってしまうことになります。
要は、駅から近い方が入居率は上がり、当然家賃を少しぐらい高く設定しても空室は多くならないという訳です。より多くのお金を持っている人が勝つ仕組みになっています。
ですが、立地が特別良くなくても空室を減らす方法があります。それは、住宅をデザイナーズにすることです。
デザイナーズの魅力はその見た目にあります。少し変わった内装と個性的な間取りは多くの人を魅了します。少しぐらいなら家賃が高かったとしても是非住んでみたいという人が多いのです。
ただ、デザイナーズ物件にする場合にはどのような方向性でデザインするかをしっかりと決めないと中途半端な物件になってしまう恐れがあります。


pickup


ホットペッパービューティーで掲載されている企業です


最終更新日:2019/12/6

CONTENTS
「賃貸 アパート」
に関連するツイート
Twitter