賃貸アパートでワックス

My Home Life

賃貸アパートにおける代理という取引形態

賃貸アパートにおける代理という取引形態 賃貸アパートの取引形態については、さまざまなものがあり、たとえば賃貸情報誌や賃貸サイトに掲載されている物件情報のなかには、貸主、代理、仲介などといった、この取引形態の区分が明記されているはずです。
このなかでも、代理とよばれる形態は、文字通り、不動産会社のほかに貸主が別にいて、不動産会社はその代わりとして入居希望社との交渉にあたるということを意味しています。
もしも不動産会社が貸主からの代理権を取得していた場合には、実質的には不動産会社は貸主と同じ権限をもっていて、すべてを一任されているのだと考えてもよいといえます。
ただし、賃貸アパートの場合には、圧倒的に仲介という取引形態のものが多く、この代理の形態は少なかったりもします。
仲介であれば、不動産会社は貸主と入居希望者との間のなかだちをしているだけであって、入居にあたってのこまごまとした条件などは、すべて貸主の意向にそって行われるということになります。

外国人の賃貸アパートへの入居

外国人が賃貸アパートを借りて住もうとする場合であっても、ふつうの日本人が賃貸アパートを借りる場合と、手続き的には特段の違いはありません。
不動産会社の店頭で空き物件の情報を調べて、適当な物件がみつかったら、内覧をした上で申し込みをし、入居のための審査を受けて、最終的には契約書を交換するという手順になります。
しかし、外国人が賃貸アパートを借りる際のネックとして、連帯保証人の問題があることもたしかです。
通常は借りる本人が外国人であったとしても、保証人のほうは日本人でなければならないなどとしていることが多くなっていますので、かなり注意をしなければなりません。
こうした事情をふまえて、あえて外国人専用としてしているような、保証人不要の賃貸アパートもありますので、そうしたところを見繕ってみるというのも、方法としては適切といえます。
この場合、家賃が相場よりも高くなっていたりすることがありますので、その点についても確認すべきといえます。

Valuable information

ハワイでファミリーフォトの撮影

2018/12/19 更新

CONTENTS
「賃貸 代理」
に関連するツイート
Twitter